外食

お友達とランチ♪

Img_4366_1 今日は久々に大好きな友人とランチの約束をしました。外食は久しぶりだなあ。

覚えたての直焼きマフィンをお土産に♪(ぎりぎりに焼いたので冷ます為バスケットに入れ持って行きました。途中実家に寄りちょっとおすそわけ。

発酵が少し足りずあせりました。余裕を持って作らないといけません!でもなんとかフワフワに焼きあがってくれました。ホーッ^^

マフィンがた~くさんの光景は幸せな気持ちにさせてくれます。

Img_4368 二人が揃うといつも来るお蕎麦屋さんです。羽後町の長谷山さんという蕎麦屋さんです。この辺は蕎麦のレベルが高いのです。県外で色々食べましたが、やっぱりここのお蕎麦が一番好き。ご主人も素敵です。天ぷらなどは揚げたてのアツアツを持ってきてくれるんですよ~。喉越しといい、食感といい上品で何とも言えないお蕎麦です。今日はせいろ二色を頼んでみました(いっつもだけど笑)。

久々に友達と会えて、しゃべって、食べて、楽しかった^^

| | コメント (0)

結婚記念日

昨日は四回目の結婚記念日でした。地元でとても有名な懐石料理屋さん櫻山さんへ行ってきました。医療事務をしている友人から聞きましたが、「よくお医者さんの接待で使うらしいよ」とのこと。そういえば以前病気していた時の主治医が、私の住所を見て「近くに櫻山っていう美味しい懐石料理のお店あるでしょう。」と言っていたのを思い出しました。何よりMYさんからマクロ対応ありという情報を頂いていたのでさっそく電話してみたのでした。

なんとなく敷居が高そうでドキドキしながらお店に行きました。

Img_4053 こちらのご主人はクシの上級コースを出て現在も学ばれているそうです。マクロ対応でお願いしていたのですが、三日前くらいに「コスト的に無理」とのことで旦那と同じ普通のコースでお願いしました。)正直に言って頂いて逆に好感を持ちましたが、やや凹みました(笑)気を使ってくださったのかこの日のお料理はマクロ的な内容も取り入れてくれたようで、嬉しかったです!こちらは野菜と全粒のパスタです。カレー風味のスパイスが効いて美味しかったですよ。

Img_4055 これは蟹と生麩(京都から仕入れているとか)のお吸い物。こちらのお店は本当に良い食材を仕入れています。素材に対する情熱がかなり感じられました。お野菜も有機ものでしたし。

こんなに良い素材の魚介だったら全然OK!!な気分になってしまい、気持ちよく頂きました。生麩ものすごく美味しい生麩でした。蟹も全然生臭くなくてするすると食べられました。

Img_4056 こちらはこのお店定番のヒラメを昆布じめと野菜のサラダだそうです。

ドレッシングと野菜とパリパリの春巻きの皮?みたいのを混ぜ混ぜして食べてくださいとのことでした。私は刺身が苦手なのですが、全く抵抗なく頂きました。これが一番美味しかったかも♪

本当に新鮮なお魚づくし!!お魚大好きの父が退職した際に連れてきたいな~と思いました。

Img_4058 色々お料理が出まして。。。こんなエネルギーたっぷりのご飯は久しぶりで、私のお腹はもうパンパン!!最後のこの小さい器のお味噌汁とごぼうの混ぜご飯が泣かせます。

味噌汁の味噌、なんなんでしょう、すばらしくまろやか美味しいお味噌でした。ご飯もちょっぴりスパイシーでエキゾチックなお味でした。

Img_4059_1 もう絶対入らない!!と思ったところへ最後の一品!!リンゴと苺のシャーベットです。リンゴはリンゴだけの甘み、苺は若干甘みをつけているそうです。もう入らないと思ったお腹へ、これが入るんですね~(笑)果物のお味がダイレクトに伝わる一品でした。すっごい美味しかった~^^

食事後ご主人とちょっとマクロのお話しました。ご主人は小平のローラ先生のところへ行かれてたそうです。そしてこれからカフェやイタリアンを千坪ある敷地内にオープンするらしいです(しかもマクロ対応の!!)。お料理教室もなさるとかで、マクロのお料理かは聞くの忘れましたが、こんな美味しいレシピを習えるならぜひ習ってみたいもんです。久々に豪華なお食事でしたー!!いやいやご主人本当にご馳走様でした。(お支払いして頂いた夫にもゴチ!でした)

帰りの車で夫が「ローラ先生って誰?」と聞いてきたので

「ローラ先生はねえアジア圏で唯一クシマクロの最高レベルの講師なの!!」と興奮気味に言ったら

「はあ…」と完全に引いておりました(笑)  知らないよね~あんたは。

こちらのマクロ懐石は四人から予約受付だそうです。あ~食べてみたい♪どなたか一緒に行ってくださる方おりませんでしょうか?(注:¥高いです笑)募集中~!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ついに…

Img_4016 前回も登場したパン屋さんPanoさんへ初めて行って来ました。古民家を改造したお店でかなりマイナーな場所にあります。

中は靴を脱いであがる不思議な空間でした。こんな優しいパンを焼いている人はやはり優しいオーラを出しておりました。お店の中もほんわか空気が漂っており、大変居心地の良いお店でした。ご対応もとても親切でした。

おまけにくるみとぶどうのパンを頂きました。ムチムチしてて美味しい~^^他にクロワッサン(バター入りですが、素朴な風味でかなり美味)、豆カレーパン(旦那いわく某有名パン屋さんのより美味しいとのこと)、ドライフルーツのパンの薄切り、かりんとうクッキー、雑穀パン、ハイジのパン(確か?)というのを買ってきました。少しずつ大事に食べようと思います。

お店にはマクロな食材も売っていて、かなり気に入りました。頻繁に通っちゃいそうで怖い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のんびり焼きを食す

Img_3836 昨日家族で仙台へ行きました。まくろび庵さんへ予約を入れていたのでとりあえずは腹ごしらえに^^

風邪をひいて食欲の無い夫はベーグルを選択。あっさりめのおかずが彼には心地よかったようです(普段からこういう料理が好き)

息子にはお弁当を持参して行きましたよ♪

Img_3837 私は玄米ご飯を。モチモチ感がちょうど良く、美味しかったです^^ お野菜も全体的に程よい薄味で優しい味でした。(お味噌汁はちょっと薄く感じましたが)食べ終わった後はもたれることもなく、正に腹八分目でいい気分でした。お土産にのんびり焼きも買ったし、楽しみ♪

息子が騒ぎ出したのでそそくさとお店を後に。お店の方がわざわざ外までお見送りに出てくださり、感激しちゃいました~(涙)

その後は、久しぶりにキッチン用品、洋服などを買いまくりました(笑)服は本当に久しぶりに買った気がします。こうやってストレス発散するのも良いものですね。

Img_3907 そして次の日の朝。朝にパンを食べるのはマクロをしてから初めてです。本当、今までそれぐらいストイックにやってたんです(笑)朝すごーく食べたかったので直感に従い食べました。それはそれはもう美味しくて、朝からお腹一杯食べちゃいました!!しっとりさせて食べたかったので蒸篭で蒸してみました。一番お気に入りはあんこです。たっぷり入っていて甘さもちょうど良かったです^^これはぜひ真似して作ってみなくては…。

蒸篭には手ぬぐいをしいています。今って手ぬぐいがブームらしく、可愛い手ぬぐい結構出てるんですよね。ちなみにこれは100円ショップです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロビの外食♪

Img_3785 今日は市内に用事があり、またまたSweetMarketさんへお邪魔しました。自分以外の方が作ってくれたご飯を食べられるのは、本当にありがたいですね。マクロをやってからしみじみ感じます。今日は大豆たんぱくのから揚げ(おそらく)、人参の胡麻和え、さつま芋とじゃが芋のグラタン、などなど。どれもとっても美味しかったです!!どうしてこんなに優しい味になるんでしょうか?私の料理はまだまだ荒々しくて…、(反省)

Img_3784 息子用に特別にお子様ランチを作って頂きました!普段は玄米ご飯を食べない息子ですが、パクパク食べてくれました^^チャーハンいいですね!大豆のから揚げと大好物のフライドポテトも喜んで食べました。こういう外食だったら子供にも安心して食べさせられます。

夫はトマトとツナのパスタを注文。こちらもおいしそうでしたよ。食べ終わって飽きた息子は旦那と外へ脱走し、母は一人ゆっくりご飯を味わいました。ランチを楽しみながら、自然食材も買える、マクロビアンにはとっても嬉しいお店です。また寄らせていただきますねー!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

稲庭うどん2

Img_3761 すっかりハマってしまった稲庭うどん。

旦那と二人で(久しぶり!)に外食♪せいろ二味を注文。普通のたれとゴマだれで。美味しかった!!けどすんごく冷えました。

最近玄米が重いです。なのでお昼も加藤農園さんの蒸しパンを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲庭うどん

Img_3618 友人達とたまに開くお食事会へ行ってきました。マクロを始めてから外食を心から楽しめなくなっていましたが…。幹事はなんとなく私になり、気になっていた稲庭うどんのお店、七代佐藤養助さんでやっている佐藤養助漆倉資料館養心庵へ行ってきました。昔の蔵を改装し、その中に七代佐藤養助の歴史の資料を展示したり、お食事処、喫茶、お土産売り場などがありました。

私の生まれは稲庭うどんに縁の深いところで、土地柄か、家には常にもらい物の稲庭うどんがあり、私はこれがあんまり好きではありませんでした。というか大嫌い!!でした。何かにつけこのうどんが食卓にあがるんだよなあ。ところが昨年12月にひどい排毒症状を起こしてからというもの、無性に食べたくなったのがこの稲庭うどん。なぜだろう?

Img_3619 予約を入れる時にあらかじめ「一人だけベジメニューで」とお願いしたら、快く受け入れて頂きました。今回は懐石のコースを注文。正直味はあんまり期待してなかったのですが、コース全てのお料理が絶品!!でした。外食には手厳しいこの私が、料理人を呼び、思いっきり拍手をして「ブラボー!!」と叫びたいくらい美味しかったです。そしてあまりの美味しさに途中デジカメ撮影を忘れ、夢中で食べまくり、肝心の稲庭うどんを撮影するのを忘れるという失態を犯してしまいました…。

Img_3620 なので画像はこの三枚のみです(笑)。この他覚えているだけで、豆乳鍋、野菜の天ぷら、野菜の包み揚げのあんかけ?、小豆ババロアなど…。二枚目の画像の豆乳の蒟蒻のお刺身が特においしかったです。全てに魂のこもったお料理でした。

そして肝心の稲庭うどんをいざ食す。ズルズルッ!!

うっ、うーん…。私が今まで食べていたうどんは稲庭うどんではありませんでした。母がゆでた稲庭うどん、ペッチャペチャでコシ0%。ふやけて食った気しないのがが稲庭うどんだと思ってました。ごめんなさい!!今まで稲庭うどんを愛する皆々様をあざ笑い、本当にすいませんでした。

本物の稲庭うどんは見た目がグロスを塗ったようなツヤがあり、とてもコシが強く、それでいて喉越しの良い大変美味なものでした。小麦の味もしっかり感じられました。完全にハマった、稲庭うどん。また必ず来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外食時の対応

マクロをやっていると外食に困りませんか?ストイックにやっている時など本当ストレスになります。しかも田舎なのでマクロレストランなどもなく、最初はどこにも遊びに行けない、友達とも外食できないなどと途方にくれました。

そこで私なりの対処法をまとめてみました。

◎なるべくお弁当持参(家族で出かけるときは、昼はお弁当、夜のみ外食)

◎お醤油、塩を小さいビンに入れ持ち歩く

ざるそばなどを食べるときはお醤油で。いい醤油はだしいらずです。塩はサラダや味の付いていないものに。

◎なるべく小規模の、手込めて作ってくれるお店へ行く

和食屋さん、お蕎麦屋さん、イタリアンが多いです。何を使ってるか分からないようなチェーン店は避けます。

◎お店の人に交渉する

どうしても好ましくないメニューしかない場合はお店の人に「○○抜きでお願いします」とかよくやります。ピザのチーズ抜きとか、パスタのベーコン抜きとか…。ちなみに断られたことはありません。

などなどです。でもこれも時と場合によります。地元で大変美味しいお蕎麦屋さんに行く時などは、出されたままをありがたく頂きます。きちんと心を込めて作って頂いたお料理は作ってくれた方の気が入ってるから。ただどうしても食べたくないお肉とかお魚のあるメニューは注文自体しません。残したら、それこそ作ってくれた方に失礼なので。

色々やってきて思うのですが、その時食べたい物があったら食べたほうが良いと思います。あれも駄目、これも駄目じゃストレスで体に良くないです。一時思い詰めすぎて体調を崩しました。これでは本末転倒です。マクロ的に良くないメニューでも食べたいときは良く噛んで食べたほうがいいと思います。強い我慢は良くない。少しずつですが別に食べたいと思わないから食べないというふうに、いずれはなると思います。私の場合は肉、魚、デザートは今は本当にいらないんだけど、そうなると注文できるのがサラダとか、枝豆とかしかない場合があり、非常に辛い(笑)もっとベジメニュー増やしてくれー(涙)

友達と食べる時も、どうしても食べられないものは別として、楽しく食事したほうがいいと思う。「どれもこれも食べられない!!」と何も食べないで場を盛り下げ悲しい気持ちになるより「今日はとことん楽しく食べよう!!あー美味しい!!」って食べたほうがずっと体にいいと思う。これから長い人生だもの。普段は真面目にやって時々少しハメをはずしたって全然大丈夫さ!!と思います。(実際は一回マクロの世界に踏み込むとなかなかそうもできない自分がいますが)

楽しく生きなければ意味が無い。自分で自分を窮屈なマクロにしたくない。自分の体は自分のものだから。マクロの教科書通りにはいかないこともある。(子育てと同じ)

こんなジレンマを抱えなくて済むよう、日本全国津々浦々にマクロビオティックレストランができますように。ベジタリアンが堂々と暮らせますように。

若かりし頃ロンドンにいた時。普通にベジタリアンがいて、レストラン、カフェがあって、ベジタリアンの存在が認められていた。早く日本もそうなって欲しい。

| | コメント (23) | トラックバック (0)